【保健の勉強】川崎病

小児特有の疾患として
感染症と同じくらい川崎病は有名ですよね。
新型コロナウイルスの影響なのか、
ヨーロッパ各国で川崎病のような症状のお子さんが急増したというニュースもありましたよね。

みさき
みさき

「ニュースで新型コロナで川崎病になったと聞いたけど、本当?」
と質問されることが時々あるので、
そもそも川崎病とは何か、を理解してないといけないですね。

看護師
看護師

2020年9月9日のニュースでは
日本でも新型コロナ感染後に川崎病を発症した事例が報告されたので、
今後のニュースも注目ですね。

スポンサーリンク

川崎病の症状

川崎病の症状は全身の血管炎のために起こるものです。
急性期の症状は、保育園でまず経験しないので、
覚える必要性はないのですが、

みさき
みさき

重篤な合併症に冠動脈瘤があることは覚えておきましょう。

急性期の炎症が強かったり、発熱が続いたりすると、
冠動脈瘤ができやすくなるので、少しでも早く炎症をおさえる治療が必要です。

看護師
看護師

回復期に膜様落屑(まくようらくせつ)といって、
指先から皮膚表面がポロポロ剥がれてくることがあります。
川崎病に罹患した子が園にいる場合、
びっくりしないように保育士さんにも情報提供しておきましょう。

出典:づま家のashiato(膜様落屑)

川崎病の治療

★免疫グロブリン療法
★ステロイドパルス療法
アスピリン内服
★抗TNF-α薬
★血漿交換療法
(日本血液製剤機構より)

みさき
みさき

たくさん治療法があるのですが、
私の病棟経験では、
免疫グロブリン製剤とステロイドで治療後、
アスピリン内服っていう症例が多かったです。

看護師
看護師

保育園で経験するのは、アスピリン内服(抗血小板薬)くらいですよね。

みさき
みさき

アスピリン内服は1~3か月続くので、
園でのケガや内出血、脳内出血が疑われる症状がないかなど
観察が必要ですね。

川崎病になってから数週間は血液がかたまりやすくなっているので、
血栓の予防としてアスピリンを内服します。 
(川崎病 Minds版やさしい解説より引用)
みさき
みさき

早期に治療できるようになったので、
ほとんどの子は重症な合併症の冠動脈瘤は無く、
治療後に定期的な心臓エコー検査で経過観察します。

冠動脈瘤があって、
治療後に通常の保育園に通う場合、
主治医からの生活管理指導表をもらったり、
園で注意することを細かく主治医に確認しないといけません。

川崎病の患者数

日本では、年間14000~16000人くらいのこどもが発病しています。
3歳未満が66.2%、5歳未満が88.2%を占め、
罹患率のピークは乳児後半(6~11カ月)です。

川崎病の原因

川崎病の原因は不明ですが、いくつかの説があります。
<主流の説>
病原微生物の体内への侵入が過剰な免疫反応(自然免疫)の引き金となっている。

<その他の説>
遺伝的要因の関与
日本の罹患率がヨーロッパ諸国と比較して、
10~20倍と非常に高いことや、
きょうだいでの発症例が多いことから、
遺伝的要因が関与しているのでは?という説です。

感染要因の関与
これまでに3度流行期があり、
9~11月にかけて他の感染症と共に、
川崎病発生頻度が減少するため、
感染が契機になっているのでは?という説です。

新型コロナウイルス感染症で川崎病は増えているのか?

現時点(2020年9月7日時点)では、
日本川崎病学会の公式見解

川崎病患者数、重症患者数共に平年並みか減少し(略)、増加しているとの回答はありませんでした。(略)欧米で報告されているような川崎病類似の重症例、川崎病と COVID-19 との合併例共に確認されませんでした。

とのことです。

ヨーロッパでの患者数増加についても、
本当に新型コロナウイルスの感染が原因かどうか結論が出ていません

まとめ

★日本の川崎病患者は、毎年14000~16000人。
★川崎病治療後のアスピリン内服中は易出血状態に要注意。
★日本では、新型コロナウイルス流行で患者数の増加はない。
★川崎病発症の原因は不明。
みさき
みさき

小児のメジャーな疾患なので、
保育園でも発症した子はいます。
症状や治療法だけではなく、
保育園での注意点はよく理解しておきましょう。

参考サイト

★国立循環器病研究センター 川崎病 http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamphlet/child/pamph31.html

★国立循環器病研究センター 小児循環器 川崎病
http://www.ncvc.go.jp/hospital/section/ppc/cardiology/pro05.html

★徳洲会グループ 川崎病
https://www.tokushukai.or.jp/treatment/pediatrics/kawasaki.php

★小児慢性特定疾患(川崎病性冠動脈瘤)
https://www.shouman.jp/disease/details/04_26_032/

タイトルとURLをコピーしました