保育園看護師への転職方法を解説【面接対策あり】

病院への転職活動は経験したことがあっても、
まだまだ保育園看護師はマイナーなので、
どうやって転職活動を勧めたらいいのか分からないと思います。

私は転職エージェントに丸投げしていたのですが、
他にも転職する方法はあります。

みさき
みさき

今回は、具体的な転職方法や面接対策をご紹介します。

スポンサーリンク

ステップ①保育園に転職したい理由を明確にする

「そんなこと?」と思うかもしれないですが、
結構重要なポイントです。
こちらの記事でも紹介したのですが、

保育園は病院とは全く違う環境なので、
転職してから、やっぱり病院で働きたい…
と考える看護師も少なくありません。

よくよく考えてみると、

何となく病院はしんどいから嫌だったけど、
保育園に就職したら
今後のキャリアプランが微妙だし
だったらクリニックのパート勤務で、
体力的に無理なく医療に関わっていたい。

という思いに気づくかもしれません。

ステップ②求人情報を探す

求人サイトで検索

Google検索バーに「●●(地域)␣保育園看護師」と入力すると
いろんな転職サイトの情報がヒットします。

特に都心部では、新設園が多く
保育園看護師の求人も多いです。
多くの求人情報を見ていくうちに、
この地域の保育園看護師給与や福利厚生はこのくらい、
という相場が分かってきます。

転職エージェント

多くの保育園が求人サイトで募集しているので、
求人サイトだけでも十分なのですが、
仕事をしながら転職活動をするのって
日程調整とか、候補を絞り込むとか結構しんどいんですよね。

こちらの記事でも紹介したのですが、

なので、転職エージェントに
交渉事をお任せできたり、
自分にあった候補を見つけてもらったり、
キャリアカウンセリングも受けられるので、
保育園以外の求人も含め、自分に合った転職先を教えてもらえます。

ただ、こちらの記事でも紹介した通り

よくない担当者もいるので、
使うのであれば複数のエージェント会社に登録して比較検討するのがおすすめです。

園の職員や保護者からの口コミ、園のホームページ

都心部以外ではあまり保育園看護師の求人はなく
あっても口コミで情報が流れていたり、
園外掲示板や園のホームページにのみ
求人情報が掲載されていることがあります。

類似の求人方法で、
地域のフリーペーパーやチラシ、
新規園のお知らせと共に求人募集も載っているなど
意外と昔ながらの求人募集方法も健在です。

みさき
みさき

私の知っている事例では、
自分のこどもが通っていた保育園で
看護師が退職したため、
園長先生から誘われて運よく転職できたことがあるそうです。

ステップ③保育園の見学

園の求人サイトの情報では、
いまいち働く環境が分かりづらかったり
園長先生の人柄や普段の保育の様子が分からないので、
興味をもった園は、ぜひ見学に行ってみることをお勧めします。

出来れば、求人に応募する前に見学したいのですが、
面接時に一緒に見学時間を設けていたり、
応募した人限定で見学を受け付けている園もあります。

みさき
みさき

職員同士の雰囲気が悪かったり、
衛生管理が行き届いていなかったりと、
実際見て感じ取れることはたくさんあります。

見学するのは、正直時間もかかるし面倒くさいんですけど、
同じ法人内の保育園でも
各園ごとに雰囲気や働きやすさが違うので
しっかり見ておきましょう。

ステップ④求人に応募

ネットで応募すると、
簡単な個人情報を入力して応募完了になります。

エージェントの場合は、
エージェントが応募を代行してくれるので、
自分でやることはありません。

口コミや園の掲示板などの求人の場合は、
直接応募したいと声をかければ応募完了です。

ステップ⑤面接の日程の連絡

求人に応募した園から、
どの日が都合いいですか?と連絡が来たり、
この日に面接を行うので来てください、
というパターンがあるのですが、

どちらにしても、なるべく早く返事をしないといけません。
多くの園では平日に面接を設けているところが多いので、
現職がシフト勤務の方が参加しやすいと思います。

ステップ⑥面接

面接当日の服装

スーツが無難ですが、保育体験など体を動かすので
ジャージで来て下さいなどの指定がないか確認しておきましょう。

持って行くもの

履歴書、筆記用具、メモは必須です。
住宅街にある保育園だと、
目印になる建物がなく迷子になる事例もあるので、
地図アプリもあった方が安心です。

面接で聞かれること

私の場合、面接官は園長先生+運営法人の人事担当者でした。

志望理由

①どうしてうちの園に応募したのか?
 保育理念に共感したとか、
 「これに惹かれた」というのを説明することになります。

 ちなみに私は、園の見学会の時に、
 こどもたちが楽しそうに過ごしていたり
 普段の保育中の様子がたくさんの写真で紹介されていたので、
 実際に園で働くイメージが湧いたし、
 園の家庭的な温かさが素敵だなと思ったという趣旨の回答をしました。

 本音で「自宅から近く家事・育児と仕事を両立できると思った」という回答でも、
 育児経験があった方が、管理職的には
 ある程度こどもへの接し方が分かっているという認識になるそうです。
 それが採用の決定打になるかは不明ですが、
 家庭との両立はそこまでマイナスイメージにならないようです。(うちの園の管理職談)

②なぜ看護師が保育園に転職しようと思ったのか? 
 私は面接でこれを聞かれました。
 以前勤めていた病院の規模が大きかったので
 「なんで立派な病院を辞めてわざわざ保育園に?」といった趣旨の質問でした。

 ★病院では、こども一人一人と継続的に関わるのが難しいが、
  保育園ではそれができると思った。

 ★病院だと、医療処置に時間がかかり、
 こどもと一緒に遊んだり話をしたりといった関わりが少なかったので、
 保育園でそういう経験をしたいと思った。

 という趣旨の回答をしました。

 一言で志望動機と言っても
 なぜ今の職場から転職したいと思っているのか
 という事を聞かれる事もありますので、
 今の職場の悪口にならないように要注意です。

これまでの職務経験

転職エージェントの担当者さんから教えてもらったのですが、
保育園に限らず、名前などの自己紹介を兼ねて
簡単に職務経験を話してくださいという面接は多いのだそうです。

みさき
みさき

趣味とか特技までは言う必要はなくて、
名前、臨床経験のある科と年数、くらいでよいそうです。

保育の仕事ができるか

「保育園って医療行為もしないし、保育士と同じような仕事をしてもらうこともあるのですが、大丈夫ですか?」と質問されました。

私は医療行為をやりたいわけでもなかったので、
「大丈夫です。ただ、保育は未経験なので、ご迷惑おかけしてしまうかもしれませんが…。」
といった回答をしました。

本音では「嫌だな」と思っていても、
各園や各年度の保育士さんの人数・力量によって
看護師が長時間保育に入るかどうか決まるので、
就職が決まってから、
園長・主任に業務量は交渉できたり、
そもそも園長・主任が替わると方針も変わります。

なので面接段階では「努力します」という回答が無難なのかなと思います。

ステップ⑦採用通知・連絡

採用だった場合、オリエンテーション日程や雇用契約書などの書類が郵送されてきます。
エージェントを通している場合は、自分から直接園に連絡しないのですが、
求人サイトなど直接応募した場合は、連絡がきたらなるべく早く返信しましょう。

ちなみに不採用でも、たまたまタイミングが悪かっただけの事も多いので
そこまで落ち込む必要はありません。

保育園へ転職する前によくある疑問

小児科、子育ての経験は必要?

不要です。
正直なところ「看護師免許」さえあればそれでいい、
という園も多いので小児科経験がなかろうが、
子育て経験が無かろうが全く問題ありません。

ただ、成人領域しか経験がないと、
転職後に勉強しないといけない量が多いですし、
こどもとの接し方が分からない、
案外こどもってかわいくない…
など小児領域に持っていた幻想が打ち砕かれるので、
小児科経験があった方がなじみやすいとは思います。

保育士の免許など何か資格を取得した方がいい?

不要です。
自己研鑽として勉強するのは必要だと思いますが、
看護師以外の資格を持っていたとしても、
給与や待遇にに反映されることはありません。

ただし、就職した後に所定の研修を受けると
「キャリアアップによる処遇改善制度」により
月々いくらか給与に付加されます。

看護師が各園に1人って聞いて、やっていけるか不安

各自治体の保育園看護師や
法人の系列園の看護師が集まって
会議をする機会もあるので、
そういった場所で相談してみると、
どこの園の看護師もだいたい同じようなことで悩んでいるんだなとわかります。

こちらの記事でも紹介したのですが、

Twitterに保育園看護師さんもたくさんいるので、
質問をしたりつぶやいたりすると
うちの園ではこうですよ、というアドバイスがもらえるかもしれません。

手軽にできるので、情報収集の意味でもおすすめです。

まとめ

保育園への転職って、
まだまだ情報が少ないので、
どうしたらいいのか不安になると思いますが、
病院への転職方法とそれほど手順は変わりません。

むしろ「本当に保育園でいいのか?」
という自問自答をしっかりしておくことが
一番重要だと思っています。

みさき
みさき

慣れてしまえば楽しく仕事ができるので、
興味があったら是非保育園看護師に挑戦してみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました